本文へ移動

スタッフインタビュー

今まさに社会医療法人 杜のホスピタルというステージで活躍している先輩スタッフの生の声をお届けします。仕事内容や魅力、やりがいなど語ってもらいました。

看護師/ 野村さん

普段からコミュニケーションを大事にし、働きやすく仕事ができるように配慮を行う変化し続ける職場です!
 
2020年3月採用
 
社会医療法人 杜のホスピタルは経験豊かなスタッフが多く、職種の垣根を超えた様々な視点での指導を行ってくれます。
 
Q.お仕事の内容を教えてください
入院患者さんの注射、検温、点滴、食事介助、生活環境の把握やケア会議など、一般的な看護ケアに加えて精神科病院ということもあり患者さんとのコミュニケーションや日々の観察が重要となります。
 
Q.このお仕事を選んだ理由や動機は何ですか
好きなドラマの中で活躍する看護師さんの姿を見て看護師になろうと思いました。杜のホスピタルに就職しようと思ったのは、実習でお世話になりその時の病院スタッフの方々の雰囲気や対応に共感し、自分もここの一員になりたいと思い、杜のホスピタルを選びました。
 
Q.お仕事の魅力・やりがいについて教えてください。
患者さんが元気になって退院していくのを見るのが一番のやりがいです。何より精神科はコミュニケーションが重要であり、自分自身が治療を担う部分があります。例えばうつ状態の患者さんに対して隣に座り一緒に過ごすことで不安を軽減し、認知症の方に対して昔の思い出や出来事を聞く中で、受容・共感することで安心感を持ってもらうことができます。こういった日々の関わりを積み重ねていくことで、患者さんのその人らしさを取り戻していくように思います。入院時には、苦痛で顔をゆがめていた患者さんが笑顔で帰っていく姿を見ると、この仕事に就いて良かったと実感しています。
 
●応募を考えている方にメッセージを!
何かチャレンジしたい、自身の可能性を広げたいと思っている方には最適なところです。自分自身の成長が杜のホスピタルの成長につながります。一緒に働ける日を楽しみにしています。

精神保健福祉士/岡さん

多くの他職種の先輩方の指導により、充実した毎日を過ごしています。
 
2020年3月採用
 
社会医療法人 杜のホスピタルは同年代のスタッフも多くみんなの雰囲気があたたかくアットホームな職場です。仕事と遊びのメリハリをつけて日々実感しています。
 
Q.お仕事の内容を教えてください
受診・入院相談、退院支援、入院生活支援、地域生活支援、訪問看護、患者さんのニーズに適した各種制度・サービスの案内、他機関との連絡・調整など多岐に渡ります。
 
Q.このお仕事を選んだ理由や動機は何ですか
高校生の頃、福祉関係の方と関わった経験がきっかけで、私自身も福祉関係の仕事に携わりたいと思うようになりました。また、病気や怪我の発生は、御本人、御家族の生活に影響を与え、場合によっては大きな変化をもたらすことも考えられます。そこで医療ソーシャルワーカーとして御本人、御家族に対するサポートをしていきたいと考え、医療分野での仕事を目指すようになりました。さらに、大学の講義で精神障害を抱えながらも何らかのサポートを受けながら地域で生活している方々がいる反面、精神科病院の長期入院が課題になっていることを学び、精神科病院で働いてみたいと考えるようになりました。
 
Q.お仕事の魅力・やりがいについて教えてください。
患者さん、御家族との関わりの中でそれぞれのニーズや課題に沿った支援をする難しさを日々感じています。その度に医師、看護師、作業療法士などの多職種、時には外部の機関とも相談・連携しながら働いています。そういった中で、患者さんの生活のしずらさを少しでも解消できたときにやりがいを感じます。
実際に退院後、自宅での日中の生活が一人になってしまうため難しいと考えられていた高齢者の方の支援に携わりました。その際に実際に自宅に訪問してどういった生活環境なのか看護師、作業療法士と把握し、最終的にはケアマネや他機関とも協力して自宅退院へ繋げることができました。その方は現在当院の重度認知症デイケアへ通っており、手紙をもらった時はここで精神保健福祉士として働いていてよかったなと感じました。
 
●応募を考えている方にメッセージを!
同じ職種のスタッフだけでなく、違う職種のスタッフにも気軽に相談ができる職場です。インスタグラムなど、SNSで情報の発信も行っており、新しいことにもチャレンジさせてくれます。また、勉強する機会も多く自分自身を成長できると感じています。一緒に成長しませんか?

作業療法士/ 平井さん

経験豊かな先輩方の指導の下、笑顔で楽しくやりがいのある職場です。日々勉強し成長しています。
 
2020年3月採用
 
社会医療法人 杜のホスピタルは医師、看護師スタッフみんなの雰囲気があたたかく活気にあふれていて、とても働きやすい職場です。ここは意欲を持って学ぶ姿勢があれば、認めてもらえるところだと日々実感しています。
 
Q.お仕事の内容を教えてください
作業やコミュニケーションを通して社会参加への意欲喚起や必要な技能獲得、QOLの向上を患者様と協働して目指す役割を担っています。
 
Q.このお仕事を選んだ理由や動機は何ですか
私は幼い頃から人との関わりが好きで、誰かの役に立てる仕事をやりたいと漠然とではありますが考えていました。保育士や教師などにもなりたいと思う時期もありましたが、祖母が認知症となり、苦しむ祖母や家族の姿を見て、精神疾患を抱えた方のサポートが出来る仕事は何か調べた時に初めて作業療法士という仕事に出会いました。
身体機能障害・精神機能障害・発達機能障害等の分野があり、どの分野でも患者様主体に考え同じ歩幅でアプローチすることが出来ますが、私が精神分野に決めた一番大きな理由は祖母や患者様のように見えない「こころ」の部分に焦点を当て、アプローチすることが出来るところです。
 
Q.お仕事の魅力・やりがいについて教えてください。
患者様それぞれの特徴を理解し、信頼関係を構築していきながら患者様にとって意味のある作業(生活の中で必要になる作業・求められる作業・したい作業)を提供できることです。ただ単に好きな作業を行うのではなく、意味のある作業を行うことによって、社会性の獲得や症状の安定化に繋がるサポートが出来るのが作業療法の魅力だと感じています。また、こころの病気を抱えた方が地域・社会で生活していくためには、本人のみではなく、環境面でのサポートも必要になります。作業療法士は作業を用いたアプローチのみではなく、患者様それぞれに応じた環境面などの多様な視点からアプローチすることも重要です。
長期入院となり退院への意欲や希望を失いかけている患者様にとって、意味のある作業を探し作業療法の目的を話し合うことによって「退院したらもっと〇〇したい。」と希望を口にされ意欲が高まり、その人らしさを感じた時は、この作業療法士という仕事を選んでよかったと心から思いました。また、やりたいことがあれば何にでもチャレンジさせてくれる病院で、個別でのアプローチがたくさん行えるので、患者様に作業を提供するにあたって自分自身もたくさんのこと(料理・編み物など)にchallengeしています。作業は多様で、作業療法士は自分自身も成長できる魅力的な仕事です。
 
●応募を考えている方にメッセージを!
先輩、後輩ともに仲がよくコミュニケーションを密にとる、何でも相談できるあたたかい職場です。先輩にフォローしていただきながら業務も覚えることができ社会人としても日々成長できています。私たちと一緒にがんばりましょう。
精神科の病気・診療について、判りやすく解説します。
 四国放送ラジオにて放送中:
第1・2・3土曜日の
15時30分~16時15分。
 
上記のロゴより過去の放送分も聴取することができます。
社会医療法人 のホスピタル
〒774-0017 
徳島県阿南市見能林町築溜1番地1 
TEL.0884-22-0218 
FAX.0884-23-0372
・精神科・心療内科・内科
TOPへ戻る