本文へ移動

スタッフインタビュー

今まさに社会医療法人 杜のホスピタルというステージで活躍している先輩スタッフの生の声をお届けします。仕事内容や魅力、やりがいなど語ってもらいました。

作業療法士/ 平井さん

経験豊かな先輩方の指導の下、笑顔で楽しくやりがいのある職場です。日々勉強し成長しています。
 
2020年3月採用
 
杜のホスピタルは医師、看護師スタッフみんなの雰囲気があたたかく活気にあふれていて、とても働きやすい職場です。ここは意欲を持って学ぶ姿勢があれば、認めてもらえるところだと日々実感しています。
 
Q.お仕事の内容を教えてください 
作業やコミュニケーションを通して社会参加への意欲喚起や必要な技能獲得、QOLの向上を患者様と協働して目指す役割を担っています。
 
Q.このお仕事を選んだ理由や動機は何ですか 
私は幼い頃から人との関わりが好きで、誰かの役に立てる仕事をやりたいと漠然とではありますが考えていました。保育士や教師などにもなりたいと思う時期もありましたが、祖母が認知症となり、苦しむ祖母や家族の姿を見て、精神疾患を抱えた方のサポートが出来る仕事は何か調べた時に初めて作業療法士という仕事に出会いました。
身体・精神・発達障害や老年期の分野があり、どの分野でも患者様主体に考え同じ歩幅でアプローチすることが出来ますが、私が精神分野に決めた一番大きな理由は「ストレングス」の部分に焦点を当て、アプローチすることが出来るところです。
 
Q.お仕事の魅力・やりがいについて教えてください。
患者様それぞれの特徴を理解し、信頼関係を構築していきながら患者様にとって『生活の中で必要になる作業・求められる作業・したい作業』を協働できることです。ただ単に好きな作業を行うのではなく、これらの意味のある作業を行うことによって、社会性の獲得や症状の安定化に繋がるサポートが出来るのが作業療法の魅力だと感じています。また、こころの病気を抱えた方が地域・社会で生活していくためには、本人のみではなく、環境面でのサポートも必要になります。作業療法士は作業を用いたアプローチのみではなく、患者様それぞれに応じた環境面などの多様な視点からアプローチすることも重要です。
長期入院となり退院への意欲や希望を失いかけている患者様にとって、意味のある作業を探し作業療法の目的を話し合うことによって「退院したらもっと〇〇したい。」と希望を口にされ意欲が高まり、その人らしさを感じた時は、この作業療法士という仕事を選んでよかったと心から思いました。また、やりたいことがあれば何にでもチャレンジさせてくれる病院で、個別でのアプローチがたくさん行えるので、患者様に作業を提供するにあたって自分自身もたくさんのこと(料理・編み物など)にchallengeしています。作業は多様で、作業療法士は自分自身も成長できる魅力的な仕事です。
 
●応募を考えている方にメッセージを!
先輩、後輩ともに仲がよくコミュニケーションを密にとる、何でも相談できるあたたかい職場です。業務や学会での発表のフォローもしっかりしていて日々成長できています。私たちと一緒にがんばりましょう。

看護師/ 野村さん

看護師:野村さん
普段からコミュニケーションを大事にし、働きやすく仕事ができるように配慮を行う変化し続ける職場です!
 
2020年3月採用
 
杜のホスピタルは経験豊かなスタッフが多く、職種の垣根を超えた様々な視点での指導を行ってくれます!
 
Q.お仕事の内容を教えてください 
入院患者さんの注射、検温、点滴、食事介助、生活環境の把握やケア会議など、一般的な看護ケアに加えて患者さんとのコミュニケーションや日々の観察が重要となります。
 
Q.このお仕事を選んだ理由や動機は何ですか 
好きなドラマの中で活躍する看護師の姿を見て決めました。杜のホスピタルに就職しようと思ったのは、実習でお世話になった際、スタッフの方々の雰囲気や対応に共感し、自分もここの一員になりたいと、杜のホスピタルを選びました。
 
Q.お仕事の魅力・やりがいについて教えてください。
患者さんが元気になって退院していくのを見るのが一番のやりがいです。何より精神科はコミュニケーションが重要で、自分自身が治療を担う部分があります。例えばうつ状態の患者さんに対して隣に座り一緒に過ごすことで不安を軽減し、認知症の方に対して昔の思い出や出来事を聞く中で、受容・共感することで安心感を持ってもらうことができます。こういった日々の関わりを積み重ねていくことで、患者さんのその人らしさを取り戻していくように思います。入院時には、苦痛で顔をゆがめていた患者さんが笑顔で帰っていく姿を見ると、この仕事に就いて良かったと実感しています。
 
●応募を考えている方にメッセージを!
何かチャレンジしたい、自身の可能性を広げたいと思っている方には最適なところです。自分自身の成長が杜のホスピタルの成長につながります。一緒に働ける日を楽しみにしています。

作業療法士/ 田倉さん



経験ある先輩のサポートを得ながら毎日楽しく働いています。

2021年4月採用



  
Q.このお仕事・当院を選んだ理由は何ですか 
学生の頃、友人や好きなアーティストが精神疾患で辛い思いをしていることを目の当たりにしてから身近に感じることがありました。そして、祖父が作業療法士にお世話になることがあり、身体・精神面の両面からリハビリのお手伝いができる作業療法士の道を選びました。杜のホスピタルを見学させてもらった際、リハビリテーション部や他の部署のスタッフさん達がとても生き生きしていて働きやすい職場だと思い杜のホスピタルを選びました。
 
Q.お仕事の魅力・やりがいについて教えてください。
患者さんの大切に思っていること、意味のある作業を行うことにより社会性の獲得や症状の安定化につながるサポートができるのが作業療法の魅力だと感じています。臨床では悩むこともありますが、先輩作業療法士や看護師さんたちが丁寧に教えてくださるので日々成長を感じています。
患者さんの『〇〇がやりたい』が叶えられるように多職種が協力できる職場です。患者さんのゴールに向かって不安なことを一つ一つ解決していくことで、以前行っていた活動の再開など、その人らしい生活が送れるようになるととても生きがいを感じます。

●応募を考えている方にメッセージを!
前向きに様々なことに取り組ませてもらえる職場であるため作業療法士一人一人の個性を活かすことができます。同じ部署はもちろん他部署のスタッフも気さくな方が多く情報共有や相談がしやすい働きやすい職場です。また学ぶ機会も多くあるため日々成長できています。ぜひ一緒に働いてみませんか。

看護師/ Yさん


2021年11月採用
 
私の父はレビー小体型認知症に罹患し、認知症状があり在宅生活をしていました。様々な症状に苦しむ父と介護に疲弊している母を見る度、父への対応と母への助言は何が正解なのか、いつも考えさせられていました。そして次第に認知症患者の看護についてもっと知りたいと思うようになりました。同時期に、勤めていた職場が新型コロナ感染症の影響を受けて所属部署が閉鎖することとなり、このタイミングで杜のホスピタルに就職する決意をしました。
 以前の職場は20年以上勤め、初めての転職。正直、転職先では精神科看護師としてやっていけるのか不安でした。実際、スタッフは楽しく仕事をしているという印象があり、患者との看護は個別に応じた対応で、カンファレンスや勉強会など学ぶ機会がたくさんあります。そして私は、患者様が笑顔になれる時間が少しでも多くなるよう、楽しみながら学んでいくという思いで仕事に取り組んでいます。

看護師/楠本さん


2021年6月採用
 
精神科なのに開放感が感じられとても明るい印象で多職種ともコミュニケーションが取れ、チームとして対応することで患者様1人1人をとても大事にそれぞれの方向性に向かってくれる病院だと思いました。

精神科の病気・診療について、判りやすく解説します。
四国放送ラジオにて放送中:
第1・2・3土曜日の
15時30分~16時15分。
上記のロゴより過去の放送分も聴取することができます。
社会医療法人 のホスピタル
〒774-0017
徳島県阿南市見能林町築溜1番地1
TEL:0884-22-0218
FAX:0884-23-0372
・精神科・心療内科・内科
1
5
5
7
3
3
TOPへ戻る