社会医療法人 杜のホスピタル|精神科|心療内科|訪問看護|社会復帰支援|徳島県阿南市|

  • 杜のホスピタル 外観
精神科の病気・診療に
ついて、一般の人にも
判りやすく解説します。
四国放送ラジオにて
放送中:
第1・2・3土曜日の
15時30分~16時15分。
 
上記のロゴより過去の放送分も
聴取することができます。
のホスピタルの
公式フェイスブックを
開設しました。
いいね!やコメントは
お気軽にどうぞ!
社会医療法人 のホスピタル
〒774-0017
 徳島県阿南市見能林町築溜1番地1
 TEL.0884-22-0218
 FAX.0884-23-0372
・精神科
・心療内科
・内科
201509140948561368.jpg
069579
 
 

初めて当院をご利用される方へ(受診ガイドブックのご紹介)

初めて当院をご利用される方へ(受診ガイドブックのご紹介)
 
 
 当院では、初めて当院に受診されたい方、相談にお越しいただいた方に受診ガイドブック
   をお渡ししております。
  
 当院への受診までの流れや施設の概要、治療方針などを分かりやすく説明しております。
 
 下記に、ページ毎の内容を掲載しておりますので、是非ご覧ください。
   
当院では精神障害に関する理解や地域に開かれた精神科病院を目指し、一般の方が参加できる様々な活動を企画しています。
是非お気軽にご参加ください、スタッフが笑顔でお出迎えいたします。
   
 

理事長 あいさつ 

理事長 あいさつ 
   
 
日本の精神科医療は世界の先進国に比べ以下のような特徴を有しています。
 
病床過多(欧米に比べ2~3倍)、超長期収容(欧米に比べ10倍)、少ない人員配置、救急医療の不備、社会との連携に乏しく社会復帰施設・居住施設が少ない、など 精神科においては、救急とリハビリテーションはコインの裏表の関係にあります。
(退院して病状が悪化した際に即受診できる態勢になければ、それだけ家族や地域住民に余計な負担をかけ、たとえ良くなったとしても受け入れが困難になることは自明のことでしょう。)
 
課題はいくつもありますが、これらの状況に対して私は精神科病院の当面の課題は”平均在院日数の短縮化”であると思っています。
いうまでもなく病院は患者を治療する場であり、そのためには当然、治療目標=患者を早い段階で社会に帰し…が存在します。
それがないと、治療レベル・患者の社会的能力は確実に低下するからです。
医療費の適正化にもつながるでしょう。
しかし現段階では、精神科病院そのものが社会的に認知されているとはいえません。
そのため、当院では市民に当院のことをもっと知ってもらうために様々な文化活動(コンサート、講演会、ラジオ放送等)を行い、交流できる機会を増やしています。
 
精神科医療において薬物療法は主体のひとつでありますが、当然のことながらそれだけでは限界があります。
そのため、当院ではリハビリテーション(作業療法)でもレベルの高い多くの種目を用意し、利用者が参加しやすいアメニティを整えるように心がけています。
物質文明が行き詰まり、「こころの時代」ともいえる現代において、当院ではまず 風通しの良い開かれた精神科病院作りを心掛け、利用者の心の健康の増進のために様々なアプローチを工夫していきます。
   
                     理事長 髙坂 要一郎
 
 
<<社会医療法人 杜のホスピタル>> 〒774-0017 徳島県阿南市見能林町築溜1番地1 TEL:0884-22-0218 FAX:0884-23-0372